審査ってどんなことをしているの?

クレジットカードは、入会申し込み時に必ず、クレジット会社による審査があります。これに通らない限り、クレジットカードが発行されることは決してありません。ではその審査とは、いったいどんなことをしているのでしょうか?

審査内容や判断基準は各カード会社によって多少違いますので、一概に「全てこう」とはいえませんが、審査項目・方法の基本的部分はおおよそ同じです。

そもそもCreditCardとは、Credit=信用ですから、信用カードの事。つまり、会員の信用でお金を立て替え払いするカード、、、という事です。したがって極論を言えば、審査の可否は「お金を貸せるだけの信用を与えられるか否か」ということといってもいいでしょう。

それでは、どのようにしてクレジットカード会社は、申し込みした人の信用度合いを審査・判断するのでしょうか。審査に関する項目は、大きく分けて3つありますので、一つずつ順番に解説していきます。

1.申し込み内容のスコアリング

クレジットカード会社は、申込書の内容を基に、その人の社会的地位や、年収、虚偽がないか等を判断しなければいけません。

しかし、大量に押し寄せて来る申し込み内容を、審査担当者が一点一点確認&判断していくというのでは、とうてい間に合いません。また、人によって判断にぶれが出来てしまうという問題が発生してしまうのです。

それらの問題を解決するために、今日ではコンピューターによる自動スコアリングシステム(採点システム)が広く採用されています。

例えるなら、勤続年数が1年未満なら○点、勤続年数が10年以上なら○○点といった具合に、申し込み内容をあらかじめ用意された採点表を基にスコアリングしていくんですね。

そんな感じで申し込み内容一式をスコアリングし、その合計点がある得点以上なら次の審査へ、それ以下であれば否決、それ以外でも、ある条件が成立すれば精査する、といったように判断します。

もちろんそこら辺の詳細は、各社ブラックボックスなので、カード会社によって異なってきます。このスコアリングの点数のつけ方が、各社の審査の癖となって表れてくると言えるでしょう(相性というのもこういうところからくるのだと思います)。

2.人為的な判断

十人十色のクレジットカードの申込内容は、機械だけで全て正確な判断ができる訳ではありません。申込内容を直接見て、人が審査をする事も当然あります。

例えば、とある情報によると某カード会社では、合格判定が既にでていたとしても、必ず上席の社員が申込み内容に目を通すといいます。もちろん、そこで何らかの問題があれば、審査に落ちる可能性もあるわけです。

いつの時代になっても、全て完全にコンピューターで自動化できる訳ではないのでしょう。考えてみれば当然かもしれませんね。

3.個人信用情報機関に登録された情報(クレジットヒストリーのチェック)

適正なクレジットカード利用ができるように、私たちのクレジット利用履歴は、個人信用情報機関というところに蓄積されています。簡単に言えば、これはクレジットヒストリーと呼ばれるものですね。

その情報を見れば、何枚クレジットを契約しているかや、延滞情報、過去2年間の支払い状況などが簡単に分かってしまいます。

クレジットカード会社は個人信用情報機関に登録されたそれら情報を大いに参考にし、総合的に、信用を与えられるかを判断します。

例えば、過去に致命的な延滞(例えば3ヶ月以上に渡る延滞)をしていることが分かれば、その時点で否決される可能性が高まります。そこまでで無くても、延滞が多い人は、「この人は延滞が多くお金にルーズそうだから、うちのカードを発行しても延滞されるリスクが高いな」といった感じで落とされることもあるのです。

逆に、適正な枚数のクレジットカードを長期保有していることが見て取れる場合や、延滞が無い場合は、「この人はちゃんと支払いをする人だろうから大丈夫そうだな」ということになるのです。

ヤフーオークションなどである、絶対カードが作れるといった情報について

よく、「信用情報がブラックでも作れます!」等といった情報がヤフーオークションで販売されていますが、それはどういう事なのでしょうか。もちろん私自身はそういう情報を買った事がありませんが、予想はつきます。
大方、海外発行のクレジットカードか、東京スターデビットカード、SURUGA VISAデビットカード等の事でしょう。藁にもすがりたい気持ちもわかりますが、そんな情報にはお金を払う価値はないです。審査を制するには、まじめな知識が必要です。

101

クレジットカードの審査に通るためのポイント

クレジットカードは審査通過しないと作れません。しかし、クレジットカード会社は明確な審査基準を公式サイトなどで公表しておらず、審査で通らなかった場合も審査落ちの理由を説明してくれないため、審査基準についての詳細はあまり知られていません。

クレジットカード会社が審査基準にしているポイント

3Cとは

まずはクレジットカード会社が審査基準にしているポイントから説明していきます。

クレジットカードは日本語になおすと「信用カード」となっている通り、審査通過のためにはカード会社に利用したお金をきちんろ返済してくれる人として信用してもらうことが審査通過の鍵になります。
クレジットカードの入会申し込みをすると、カード会社は申込者の信用力を「スコアリングシステム」という、独自の統計情報をもとにコンピューターで自動的に点数付けして審査結果を出しています。このスコアリングシステムで点数付けをする際の、Capacity(返済力・資力)、Character(性格)、Capital(資産や財産)からなる3つの観点を「3C」と呼び、クレジットカードの審査基準として重要なポイントにしています。

3Cがそれぞれ何をチェックしている項目なのか説明します。

Capacity(返済力・資力)

職業や年齢、年収などから返済力を調査

Capacityとは、クレジットカード申込者の年齢、職業、勤務先企業の規模、勤続年数、年収、借入額を見て、返済・支払い能力があるか判断する審査基準のことです。

年齢

一般的に18歳〜30代前半の若い世代が「もっともお金を自由に使える世代」と言われ、ローンや借り入れをしていない人が多いことから審査時の評価が高くなります。年齢を重ねるほど審査難易度は上がるので、なるべく若いうちから1枚目のクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

職業・職種(雇用形態)

公務員や医師、弁護士が有利になります。一般的に年収が高くて安定しており、仕事に困るリスクが他の職種に比べて低いからです。公務員と会社員も評価されやすく、自営業者や非正規社員は評価されにくいことを覚えておきましょう。

雇用形態がアルバイトやパートでは、収入が安定していない傾向があるため、審査時に評価が低くなります。しかし、学生や主婦であれば世帯年収が審査時に評価されるので、アルバイトやパートでも審査に良い影響を与えます。

無職や失業中の方は安定した収入がないとみなされ、カード会社によりますが審査通過は難しいでしょう。

勤務先の規模

大手企業、上場企業、公務員など、一般的に安定していると言われる組織で働く人ほど評価が高くなります。年収が高く、会社(組織)が倒産するリスクが少ないため、カード会社が安心して貸付できるからです。中小企業勤務であっても、他の基準で評価されれば審査に通過する可能性はあります。

勤続年数

同じ会社に長く勤めている人ほど評価が高くなり、短い人ほど評価が低くなります。長く働ける会社は安定していると言え、申込者も返済能力があると判断されるからです。

1年以上同じ会社で勤めていれば問題ありませんが、1年以下であっても他の審査基準とのバランスによって合格する場合もあります。

年収

年収が高ければ高いほど高い評価が得られます。しかし、年収はあくまで自己申告であり、正確な裏付けを取りにくいことから、実はそこまで重要視されません。

だからといってあからさまに嘘の情報を書くとカードによっては収入証明書を求めてくるので注意してください。

Character(性格)

返済履歴が多いほど審査で有利になる

Characterとは、クレジットカード申込者が返済日に延滞することなく返済してくれるかという性格面を判断する審査基準のことです。
申込者の支払い実績(クレジットヒストリー/クレヒス)を確認し、過去に返済遅延や延滞がないか確認します。

クレジットヒストリー(クレヒス)

「クレジットヒストリー(クレヒス)」とは、クレジットカードの契約(クレカの利用)や、個品割賦契約(商品を分割払いで支払う契約)、住宅ローンなどの支払いを延滞・滞納をせずに返済できているかという、利用履歴のことです。

毎月少額でも利用した金額をきちんと返済していると「使った金額を支払いができる人」と認識され、信用力が高くなります。毎月返済している利用実績が残っていれば2枚目以降のクレジットカードの審査も通りやすくなります。

クレジットヒストリーは審査基準において高い配点に設定されているので、審査に確実に通りたい方や、目的のクレジットカードが審査難易度の高いカードを作りたい方は、審査が甘いクレジットカードをとりあえず作って、毎月カード利用をして支払いの延滞をしないように支払い実績を作ってクレジットカード会社の評価を高めていく「クレヒス修行」をおすすめします。

逆に返済をせずに支払いの延滞・滞納で金融事故情報を起こして、個人信用情報機関に「異動情報」が残っている人は極端にカード会社からの信用度が落ちるので注意してください。

Capital(資産・財産)

居住形態や居住年数、家族構成などを評価

Capitalとは、担保になる住居などの不動産を所有しているか、所有している場合は居住年数が何年か、資産としていくらの価値があるか判断します。
Capacity(返済力・資力)は安定した収入があるか判断しますが、Capital(資産・財産)は現在持っている住宅、車、土地などの資産価値で評価されます。また、家族構成も評価対象になります。

住居形態

分譲住宅(自己名義の持ち家)を持っていれば評価が高くなり、その次に社宅、賃貸マンション、公営住宅の順番で高評価になります。

居住年数

賃貸住宅に住んでいる場合は、同じ場所に最低1年以上住んでいることで評価が高くなります。分譲住宅の場合は居住年数が半年程度であっても「保有資産」としてカウントされ、評価が高くなります。

一戸建て(持ち家)がある場合も保有資産であり、長く住んでいると評価が高くなります。住宅ローンが残っていても、年収や返済能力が問題なければ審査通過できます。

審査に通らない理由

ここからはクレジットカード審査に通らない人がどういう理由で審査落ちしてしまっているのかについて説明していきます。

ブラックリスト入りすると審査に通らない

ブラックリスト

実は「クレジットカード審査に通らない」と言っている人の多くが、「個人信用情報機関」に異動情報が記録されている、いわゆる「ブラックリスト」として扱われている人です。
なぜブラックリストが審査落ちの原因になっている人が多いかというと、単純に返済の延滞・滞納だけが原因ではなく、うっかりしていると誰でも陥りがちな条件によってブラックリストに載ってしまうからです。

ブラックリストの情報(異動情報)が記録される「個人信用情報機関」とは、国内にある以下3つの信用情報機関のことを指します。

信用情報機関名 保有する信用情報
CIC(指定信用情報機関) クレジットカードの利用履歴
信販会社(信販系)との取引履歴
JICC(日本信用情報機構) 消費者金融会社(消費者金融系)との取引履歴
KSC(全国銀行個人信用情報センター) 銀行や信用金庫(銀行系)との取引履歴

カード会社はこれらの「個人信用情報機関」にカード申込者の信用情報を照会して、現在持っているカード所有情報や、過去に支払いの滞納をして金融事故情報がないか、自己破産者ではないかということをすぐに調べることができます。

クレジットカード会社を利用した場合の信用情報はCICに、消費者金融の信用情報はJICCに、銀行などの金融機関の情報は全国銀行個人信用情報センターに登録されます。
その後、各指定信用情報機関間で「CRIN」というネットワークで延滞などの事故情報を相互に共有し、「FINE」というネットワークでJICCが所持する消費者金融の利用状況をCICに共有しています。

つまり、カードローンなどを利用して支払いを延滞してしまってJICCに金融事故情報(ブラック情報)が残ってしまうと、クレジットカード審査のための信用情報を管理するCICにも事故情報が共有されてしまうということです。

クレジットカードの審査は、一度落ちると・・・

■クレジットカードの審査は、一度落ちると

他のクレジットカードの審査にも
==============
「最低6ヶ月」は通りません!
==============

「審査に落ちてしまった私は、どうしたらいいの?」

■「審査に落ちた」と諦めていませんか?

旅行や大きな買い物などの、急な出費のために
クレジットカードが欲しかったのに審査に落ちた・・・。
そんなあなた!諦めるのはまだ早いです。

①最短30分で審査ができるキャッシング

アイフルの場合
http://www.aiful.co.jp/

今までに消費者金融からの借入もなく、金融事故もなく、かつ安定した収入(概ね200万円程度以上)あれば、ほぼ確実に審査は通ると言えます。気兼ねなく申し込んでみましょう。
逆に他社から既に借入がある人の場合はどうでしょうか?
アイフルでは、利用限度額が50万円以下の申請で、かつ他社からの借入総額が100万円に満たない人については収入証明の提出は不要としています。
つまり、他社から借入総額が100万円に満たない人は、申し込み審査に大きく影響せず、融資を行いますという事をアピールしているのです。
そのため、その様な状況に置かれている人でも審査は通りますと言っている事に他なりません。

逆に言えば、100万円以上他社から借入がある場合は、審査に影響すると言えます。
この場合は審査が厳しくなると言えます。
要するに審査基準の甘い・厳しいはあなた自身の状況により変わるという訳です。
もしあなたの状況が前者の通り他社からの通り借入がない、あるいは借入が100万円以下の場合は、ほぼ審査は通る(審査は甘い)と思ってもよいと言えます。
逆に後者の場合は、審査は厳しくなると思って下さい。
②もっと便利な銀行のカードローン

楽天銀行スーパーローン(カードローン)の場合
http://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

収入証明書のご提出が原則不要!
限度額300万円まで原則不要です!

面倒な書類の用意は不要です。

金利は年1.9%~14.5%に楽天銀行は低金利を追求します。

例えば、10万円を30日間ご利用された場合の利息は・・・?
<利息の計算方法>
10万円×年1.9%×30日÷365日=156円
10万円×年4.5%×30日÷365日=369円

債務整理後のカードローン、クレジットカード作成について

債務整理をすると信用情報に事故情報が登録され、5年~10年はローンは組めないし、クレジットカードの作成もできません。
そして、ようやく5年が経過し、クレジットカードやカードローンを申し込んでみたけども審査に落ちてしまった。。。

何故か?
債務整理の種類ごとに解説します。
●任意整理の場合

任意整理の手続きからようやく5年。
クレジットカードに申し込んでみたけれど審査に通らない。
いつから作れるようになる??
〇任意整理は、基本的には債権者との合意がなされた時点で信用情報への登録がされるため、合意後5年で信用情報から事故情報は消えます。
が、債権者によっては、任意整理後の返済まで完了してから登録するところもあり、必ずしも5年とは言えないのです。

任意整理の返済期間が3年であれば、任意整理後3年で信用情報に登録され、その後5年間は事故情報が残る計算になります。

3年+5年=8年
5年たっても審査に落ちてしまう方は、最長で8年間まで待てば、晴れてブラックリストが解除されクレジットカードやキャッシング、カードローンが作れるようになります。
●個人再生の場合

個人再生の手続きからようやく5年。
クレジットカードに申し込んでみたけれど審査に通らない。
いつから作れるようになる??

〇個人再生は基本的に3年間の返済が終わってから、信用情報への登録がなされます。

登録期間はCIC・JICCは5年間、JBAは10年間です。
ですから、基本的に13年間はクレジットカードやローンは作れないと思っておいたほうがいいでしょう。

ただし、JBAは10年間なので、銀行・銀行傘下の消費者金融、クレジットカードを避ければ8年で作れる可能性があります。
しかし、各信用情報機関は情報を共有しているため、共有情報を取得している金融機関で申し込んだ場合は審査に落ちてしまうこともあります。

個人再生後13年経ってしまえば、信用情報の事故情報も削除され、クレジットカードやキャッシング、カードローンが作れるようになります。
●自己破産の場合

自己破産の手続きからようやく5年。
クレジットカードに申し込んでみたけれど審査に通らない。
いつから作れるようになる??
〇自己破産は基本的に免責が下りた時点で信用情報に登録されます。

登録期間はCIC・JICCは5年間、JBAは10年間です。
ですから、基本的に免責後10年間はクレジットカードやローンは作れないと思っておいたほうがいいでしょう。

10年間なのはJBAのため、銀行・銀行傘下の消費者金融、クレジットカードを避ければ5年で作れる可能性があります。

しかし、各信用情報機関は情報を共有しているため、共有情報を取得している金融機関で申し込んだ場合は審査に落ちてしまうこともあります。

自己破産後10年経ってしまえば、信用情報のブラックリストも削除され、クレジットカードやキャッシング、カードローンが作れるようになります。


【注意】信用情報登録期間が過ぎても審査に落ちる場合がある!?

そういった場合、まず確認したいのが、債務整理で対象になった金融業者に申し込んでしまっていないか?ということ。

債務整理対象だった金融業者に申し込んだ場合は絶対に審査に通りません。
企業内ブラックリストに載っているためです。

債務整理対象ではない金融業者だけど審査に落ちた。
この場合は逆に信用情報がまっさらすぎて過去の債務整理を疑われてしまった可能性があります。

債務整理期間中はローンやクレジットカードなどの情報が全くない状態となりますので、事故情報が消えるとアナタの信用情報はまっサラになるのです。
この状態をクレジットヒストリーがない状態といいます。

クレジットヒストリーを作るためには、何らかのローンやクレジットカードの利用実績などを積む必要があります。
その場合、携帯電話の機種代の分割払いなども立派なローンであり、クレジットヒストリーを作るのにピッタリです。

携帯代で地道に信用を回復させ、次に作りやすいクレジットカードで更に信用を積み上げる。
そうした、地道な努力の後、ようやく一般人と同じようにクレジットカードを作成し、自動車や住宅のローンを組めるようになるのです。


【確認】債務整理後5年経過したら信用情報を開示手続きしましょう

任意整理においても個人再生、自己破産においても、最短でクレジットカードやローンを作れるのは5年です。
5年が経過した時に、自分の信用情報がどうなっているかを確認し、その後のクレジットカード作成やローン審査、はたまたクレジットヒストリーの積み上げなど対応策がわかります。