マイルを貯めるのならクレジットカードがお得

クレジットカードで、マイルをためるという方法があります。

航空チケットと交換するだけでなく、航空会社の色々なサービスを活用するなど、たまったマイルの使い方はたくさんあります。

多くの人が、クレジットカードで買い物をすることでマイルをためて、マイルでできるサービスを利用しています。

マイレージサービスの基本は、その航空会社の航空チケットを購入することでマイルが入るというものですが、その他の買い物でもマイルがふえる仕組みがあります。

マイルとしてためて、クレジットカードのポイントに交換するというサービスもあります。

クレジットカードで買い物をしてもらえるポイントと交換できるわけですから、1回払いなどの金利手数料などがかからない限りは無料でポイントを集められます。

高いものをクレジットカードで買う時などは、マイルもたくさん入りますので、とてもお得です。

クレジットカードを使った時にできるだけたくさんマイルをためたいと思っているなら、航空会社のクレジットカードが使いやすいでしょう。

クレジットカード選びに迷ったら、マイルを増やしたい人、飛行機で移動する機会が多いという人は、航空会社のクレジットカードを選択するといいでしょう。

新しくクレジットカードを作る時には、お得な期間限定サービスを利用できることも多いですので、カード発行と同時に一気にマイルを増やすということも可能になっています。

クレジットカードの使い道は多様化しており、大手不動産会社が経営している賃貸マンションの中には、クレジットカード払いが可能なところもあります。

クレジットカードのサービス内容にはそれぞれ特徴があるので、自分の生活スタイルに合ったクレジットカードを持つことで、より効率よくマイルを貯めることができます。

マイルを貯めることができるクレジットカードの年会費について

クレジットカードの付帯特典は、クレジットカード会社によって様々ですが、特に人気があるのは、マイルを貯めることができるものです。

航空会社でチケットを購入すると移動距離に応じたマイルが入りますが、同様に、クレジットカードの利用額に応じたマイルが入ります。

クレジットカードで飛行機代の支払いをしたりするたびに、マイレージのポイントが貯まっていくシステムがあるわけです。

クレジットカードの中には、カード利用額に応じたマイルがつくかわりに、毎年年会費を支払うというものがあります。

クレジットカードの中には、年会費がかかるものと、かからないものがあります。

年会費がかかるものは、毎年の支払い月に年会費を引き落とされます。年会費を無料にする条件として、クレジットカードを利用した決済をしており、マイルをためたクレジットカードは年会費がかからないことがあります。

それ以外にも、クレジットカードを使って一年以内に買い物をしたことがあると、年会費0円ということもあります。

年会費を支払わずに済む条件として、1年以内の買い物で、クレジットカードを一定の金額以上分使うことに設定している会社もあるようです。

もともと年会費が無料のクレジットカードもありますが、年会費が有料のクレジットカードの方がサービス内容や特典が充実しています。

普段は使わないクレジットカードを、わざわざ使うとなると大変ですが、日々のちょっとした心がけでクレジットカードを使うだけなら、手軽です。

前提として、クレジットカードをよく使っているという人の場合は、年会費の発生するカードでも、プラスのほうが多いことがあるでしょう。

マイルの使い方は、ただ航空チケットを買うだけでなく、チケットのランクを高くしたり、景品と交換したり、割引に用いるなども可能です。

クレジットカードで貯めたマイルの使い方

マイルがためられるからという理由で、キャッシングを選んでいる人は少なくありません。

マイルを貯めるタイプのクレジットカードは、ポイントでも貯められますが、マイルにしたほうがより多く貯まります。

マイルを消費して利用できるサービスとして、ビジネスクラスにランクアップするという方法があります。

ある程度マイルがたまっていれば、2,3万ほど多くマイルを使うことでビジネスクラスが利用できます。

エコノミーをビジネスにするだけで、びっくりするくらい航空機内での待遇がよくなるわけです。

特に航空券が高くなる長期休みなど忙しい時におすすめです。

クレジットカードを取り扱っている航空会社は、世界中の航空会社と関係しています。

ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドと提携し業務を行っています。

アメリカン航空、スリランカ航空、マレーシア航空もワンワールドと提携していますので、マイルをそれらの航空会社の航空券にすることが可能です。

スターアライアンスでたまったマイルは、ANAだけでなく、南アフリカ航空、ニュージーランド航空、ユナイテッド航空の旅行券にできます。

クレジットカードでたまったポイントは、航空チケットにするだけでなく、電子マネーや、ポイントに交換することも難しくなくなっています。

クレジットカードには様々な特典がありますが、旅行をする機会の多い人はマイルの特典を上手に利用することでよりお得になります。

自動車税をクレジットカード払いする時のメリットとデメリット

クレジットカードの利用率が高まっていることもあり、最近ではクレジットカードで自動車税の支払いも可能になりました。

住んでいる自治体によって差はありますが、自動車税をクレジットカードで支払うことができる地域は増えてきています。

クレジットカード払いで自動車税を納める時には、どんな注意点があり、また、どんな強みがあるでしょうか。

クレジットカードで自動車税の支払いを済ませることができれば、払い込みに行くための移動経費が制約できます。

クレジットカードの中には、ポイント付与サービスが付帯しているものもあり、税金を支払うだけでもポイント分がお得です。

手持ちの現金がなくても、クレジットカードを所持していれば、すぐに支払いの手続きができるところもいい点です。

クレジットカードで自動車税を支払うことは、いいことばかりではなく、知っておきたいデメリットもありますので、要注意です。

納付する金額や自治体によって異なりますが、100円前後の手数料が発生することが一番のデメリットでしょう。

クレジットカードを利用することは、カード情報が漏洩する可能性があるということですが、これはごくわずかな発生率だといえるでしょう。

もしも、自動車税の金額が高くなってしまう場合は、クレジットカードに加算されるポイントも高くなります。

手数料より、クレジットカードのポイント還元率が高ければ、そう損にはなりません。自動車税をクレジットカードで支払うことを考える場合、手軽に手続きができ

ることと、ポイントが入ることと、情報漏れリスクを天秤にかけることになります。