Pocket

審査落ちする理由とは!?クレジットカード審査を徹底解説

 

クレジットカードに申込んだ時審査に落ちてしまうと「なぜ!?」と驚いてしまいますよね。

カード会社からは、審査に通らなかった理由は教えてもらえないので「なぜ、通らないの!?」と悶々としてしまいます。

ですがクレジットカードの審査に通らない理由はきちんとあって、申込むクレジットカードの発行会社やカード種類によって審査通過の難易度も変化します。

今回はクレジットカードの審査に落ちてしまう理由や審査の内容、審査に通りやすいカード種類などの情報を詳しく解説していきましょう!

審査に利用される信用情報!?3つの信用情報機関が存在!

申込み時に「年収・勤務形態・他社への借入件数と総金額」これらの情報を申告するのですが、カード会社は申告情報を100%信用はしていません。

「申告情報に間違いがないか!?」さらには、既に借入のある案件に対して、返済状況は問題が無いのかを信用情報機関へ照会を行い確認を行っているのです。

その結果、返済能力の有無を総合的に判断し、審査の合否を決定しているのですよ!

では、審査の合否に大きく影響する個人信用情報機関とは、どんなところなのかを解説しておきましょう!

また個人信用情報機関は「個人」を略して「信用情報機関」と呼ばれることが一般的です。

  • 個人信用情報機関 = 信用情報機関
  • 用語が違っても同じ機関のことを指して読んでいる!
  • CIC:シー・アイ・シー
  • JICC:日本信用情報機構
  • JBA:全国銀行個人信用情報センター

現在、国内には上記の3つの信用情報機関のみが存在していて、国内の金融商品を扱う企業は必ずいずれかの機関の会員となっているのです。

クレジットカードの審査

 

※情報開示とは、お客様ご本人のお申込みにより、信用情報機関に加盟している会員会社(クレジット会社等)との契約内容や支払い状況等の信用情報を確認できる制度です。

お客様の情報が現在、信用情報機関に登録されているのか、またはどのように登録されているかを確認していただくことができます。

審査に落ちた場合、もしくは、不安な方は、一度、ご自身の情報開示請求をしてみると、原因がわかる可能性があります。

個人情報開示請求のやり方は、各信用機関ごとに異なりますので、この記事の最後にまとめています。

個人情報開示請求のやり方

おまとめローンの審査時にチェックされる項目について

おまとめローン以外のローンでもそうですが、融資を受けるためには必ず審査を受けることになります。

キャッシングを利用することで、今すぐお金を用立てたいという時にも、現金を手にすることができますので、非常に助かるものです。

ローンの融資は、ちょっとお金が必要になった時などでも、すぐに融資をしてもらえるため、次々と別な金融機関から借りてしまう人もいます。

金融会社から借りていたローンが返済しきれなくなって、他社のローンを新たに借りて返済に回していると、返済額ばかりが大きくなります。

複数の金融機関から融資を受けていると、返済日が次々とやってきて、どの金融機関に幾らの返済をしなければならないかわからなくなってしまいがちです。

おまとめローンを借りることで、返済状況や、いつまでに幾ら用意すればいいかを把握できます。

おまとめローンとは、1つの金融会社からまとまったお金を借りて、そのお金で借りているローンを全額返済してしまい、返済先を一社にすることです。

消費者金融機関からのローンは総量規制の対象になりますが、銀行から借りれば総量規制は適用されません。

ただし、おまとめローンの審査は、今までより厳しくなりますし、提出する書類も作成に手間がかかるものになります。

ローンの審査では、性別や年齢、勤務先、勤続年数、月々の収入だけでなく、毎月の返済をどうするつもりかについても聞かれます。

おまとめローンの審査の結果が出るまで、どのくらいかかるか金融議会社によっても違いますが、数日から、数週間くらいです。

どの金融機関のローンをおまとめローンとして使うかは、審査にかかる時間や、貸し付け上限金額、返済条件などから決める必要があります。

クレジットカードの審査に通らない

ブラックの人は融資の審査に通るのか

融資を希望しても、ブラックリストに名前があれば、キャッシングは使えないのでしょうか。

信用情報会社のブラックリストに名前が残っている人は、新たなキャッシングやローンを申し込んでも、審査で断られがちです。

キャッシング会社から見れば、貸し倒れの可能性がある客は、危険な人です。

キャッシングの審査では、安定した収入があることは大前提として、キャッシング履歴がブラックな人は信用能力が低いと判断し、融資をためらう相手です。

けれども、最終的に融資の判断をするのは各金融会社なので、ブラックでも構わないという会社もあります。

規模の小さい消費者金融の中には、ブラックでも条件付きで融資を認めることがあります。

まとまったお金を借りることは難しいかもしれませんが、融資をしてもらえるかもしれないという点は事実です。

規模の大きい金融会社でも、ブラックの内容にによっては、融資をしてくれる可能性があります。

ただし、始めから何十万円もの借り入れをすることはできず、数万円の借り入れからスタートして、返済実績を蓄積しなければなりません。

ただし、ブラックリストに入っている人に対して融資を行う金融会社の中には、闇金融と呼ばれる非合法業者もあります。

返済ができないとなると脅し混じりで支払いを迫ったり、高い金利をふっかけて融資を押しつけたりということをしてきます。

融資をしてくれる金融会社が見つからないといっても、闇金融に頼ることがないように、くれぐれも注意をしなければなりません。

クレジットカードの審査

付帯サービスで選ぶ年会費無料のクレジットカード

年会費無料のクレジットカードはたくさんありますが、付帯サービスの内容はそれぞれ異なります。

最近は、クレジットカードではなく電子マネーでの決済をする人が多くなっており、電子マネーで買い物ができるお店も一般的になっています。

地下鉄で利用できる電子マネーは、そのままコンビニやデパートなどで買い物も出来るようになっており、大変便利なものです。

色々なところで買い物をしても、電子マネーを使っていればポイントを1カ所に集めやすいという理由で、電子マネーを積極的に使う方もいます。

クレジットカードの付帯サービスは充実してきており、年会費無料のカードにおいても、かなりポイントが集めやすいカードが増えてきています。

電子マネーと、クレジットカードを連動させて、電子マネーのチャージで、クレジットカードにポイントが入るタイプも登場しています。

最終的に電子マネーで決済する手段とする場合でもクレジットカードに付帯している電子マネーのカードを利用すると非常に使い勝手が良くなります。

電子マネーをチャージする時に、多くのポイントを得られるように、何枚もクレジットカードを持つという人もいます。

最近では年会費無料で持てるクレジットカードは非常に増えてきているため、付帯するサービスを優先し、複数のカードを使い分ける考え方があります。

クレジットカードに付帯されているサービスは、年会費無料のカードでも、海外旅行保険サービスや、お得なポイントの付き方をするカードなどがあり、とても便利です。

場合によってはゴールドカードを所持するよりも、多くのメリットを得られる場合も出てきます。

年会費無料のクレジットカードなら維持にお金はかかりませんので、複数枚持っておいて、場合によって使い分けてもいいでしょう。

 

学生のクレジットカード審査について

学生のうちにクレジットカードが必要な場合、金融会社に申し込みをして、クレジットカードを発行してもらうことになります。

前提として、金融会社からの融資を希望する場合は、ある程度の収入があることを表す書類の提出が求められてきます。

学生は自分自身の収入がありませんので、クレジットカードをつくることはできないのかといえば、そういうことではありません。

無収入の学生がクレジットカードをつくってもらうためには、そのために必要なステップがあります。

多くの学生は、クレジットカードの名義は親のものにして、家族カードを使っているようです。審査でOKをもらう必要があるのは親であり、自分は収入がなくてもいいわけです。

学生や主婦など、月々の収入が安定していない人に対しても、審査の結果によっては融資を行っているという金融機関も珍しくありません。

一度に借り入れ可能な金額は少なめですが、学生のような収入が低い人でも、融資を受けられることは嬉しいことです。

クレジットカードのキャッシング枠を利用して、お金を借りるというやり方も、多くの人が利用しています。

銀行やコンビニのATMからお金を引き出すことができるクレジットカードのキャッシングサービスは、いざという時に役立ちます。

月々の収入が一定ではない学生でも、クレジットカードを使った融資ならば受けることが可能です。

クレジットカードがあれば、学生のうちでも現金を調達しなければいけない時に役立ちますので、とても便利です。

成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正案と関連法案が29日午後の衆院本会議で可決された。

若者が親の同意なく、クレジットカードを作ったり、ローンなどの契約を結んだりできるようにする。

既に18歳以上に引き下げられた選挙権年齢と合わせ、若者の積極的な社会参画を促す狙い。2022年4月の施行をめざす。(2018/5/29 日本経済新聞)

 

学生のクレジットカードの審査

 

個人信用情報開示請求について

●開示手続き方法(JBA)

◆郵送開示

①登録情報開示申込書を記載し用意

運転免許証・パスポート・健康保険証・年金手帳・戸籍謄本・印鑑登録証明書などから2点を用意

②ゆうちょ銀行の定額為替証書1,000円を用意

③用意した書類と手数料を郵送

④JBAから開示情報が到着

JBAは郵送開示しか受け付けておりません。

本人確認書類は2点必要ですが、運転免許証、健康保険証など手元にあるもので間に合わせられそうですね。

しかし、ゆうちょ銀行窓口で定額為替証書を発行しに行かねばならず、手間が多いのは確かです。

●開示手続き方法(CIC)

◆インターネット開示(毎日8:00~21:00)

必要書類:なし
手数料:1000円
決済:クレジットカード払い

◆郵送開示

①開示申込書を書く

氏名・生年月日・住所が分かる身分証明書のコピーを用意
発行から3か月以内の住民票or印鑑登録証明書を用意

②ゆうちょ銀行の定額為替証書1,000円を用意

③準備した書類、手数料をCICに郵送

④CICから開示報告書が到着(約10日後)

◆窓口開示(平日10:00~16:00)

①氏名・生年月日・住所が分かる身分証明書のコピーを用意
健康保険証・年金手帳・戸籍謄本・印鑑登録証明書のうち2点を用意

②CIC開示窓口(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡)で用意した書類を提出し申し込み

③手数料現金500円を支払う

④その場で開示情報の受取り

CICの情報開示はネットが簡単なのですが、クレジットカード決済なので、持っていない方は郵送か窓口となります。

郵送の場合はゆうちょ銀行窓口で定額為替証書の発行、役所で書類の発行をしなければなりません。

窓口の場合も役所で書類発行が必須ですし、平日しか窓口はあいていません。

クレジットカードを持っていれば問題ないですが、持っていない方で平日働いている方は開示手続きだけでもハードルが高いですよね。

●開示手続き方法(JICC)

◆情報開示モバイル受け付けサービス

①日本の官公庁が発行した有効期限内のもので、氏名・現住所・生年月日が確認できる身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)の写真を用意

②JICC書類送付アプリをダウンロード

③アプリを起動し本人確認書類の画像を送付

④手数料1,000円の支払い方法を選択
クレジットカード決済
コンビニエンスストア支払い
金融機関のペイジー対応ATMで支払い
ペイジー対応のオンラインバンキングから支払い

⑤開示結果が郵送で届く

◆郵送による情報開示(クレカ決済)

①信用情報開示申込書を書く

日本の官公庁が発行した有効期限内のもの(印鑑登録証明書・戸籍謄本(または抄本)、住民票は発行日より3ヶ月以内のもの)で、氏名・生年月日・現住所が確認できる身分証明書を用意
クレジットカードでの開示手数料お支払い票を記載し用意

②用意した書類をJICCに郵送

③開示結果が10日程で到着

◆郵送による情報開示(定額小為替証書決済)

①信用情報開示申込書を書く
日本の官公庁が発行した有効期限内のもので、氏名・現住所・生年月日が確認できる身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)の用意
保険証・年金手帳・印鑑登録証明書・戸籍謄本・住民票から2点を用意

②ゆうちょ銀行の定額為替証書1,000円を用意

③用意した書類と手数料をJICCに郵送

④開示結果が10日程で到着

◆窓口開示(平日10:00~16:00)

①日本の官公庁が発行した有効期限内のもので、氏名・現住所・生年月日が確認できる身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)の用意
保険証・年金手帳・印鑑登録証明書・戸籍謄本・住民票から2点を用意

②JICC窓口(東京・大阪)で申し込み

③手数料500円を現金支払い

④その場で開示結果を受け取る

JICCも郵送と窓口は非常にめんどうですね。
ただ携帯電話のアプリで申し込めるサービスは、支払い方法も柔軟で運転免許証があればすぐにできるのでオススメです。

 

投稿日:2016年10月4日 更新日:

執筆者:

TOP