クレジットカードの審査

審査ってどんなことをしているの?

投稿日:2016年11月7日 更新日:


☆☆FX口座開設キャンペーン比較☆初心者に優しいFX会社ランキング☆☆

クレジットカードは、入会申し込み時に必ず、クレジット会社による審査があります。これに通らない限り、クレジットカードが発行されることは決してありません。ではその審査とは、いったいどんなことをしているのでしょうか?

審査内容や判断基準は各カード会社によって多少違いますので、一概に「全てこう」とはいえませんが、審査項目・方法の基本的部分はおおよそ同じです。

そもそもCreditCardとは、Credit=信用ですから、信用カードの事。つまり、会員の信用でお金を立て替え払いするカード、、、という事です。したがって極論を言えば、審査の可否は「お金を貸せるだけの信用を与えられるか否か」ということといってもいいでしょう。

それでは、どのようにしてクレジットカード会社は、申し込みした人の信用度合いを審査・判断するのでしょうか。審査に関する項目は、大きく分けて3つありますので、一つずつ順番に解説していきます。

1.申し込み内容のスコアリング

クレジットカード会社は、申込書の内容を基に、その人の社会的地位や、年収、虚偽がないか等を判断しなければいけません。

しかし、大量に押し寄せて来る申し込み内容を、審査担当者が一点一点確認&判断していくというのでは、とうてい間に合いません。また、人によって判断にぶれが出来てしまうという問題が発生してしまうのです。

それらの問題を解決するために、今日ではコンピューターによる自動スコアリングシステム(採点システム)が広く採用されています。

例えるなら、勤続年数が1年未満なら○点、勤続年数が10年以上なら○○点といった具合に、申し込み内容をあらかじめ用意された採点表を基にスコアリングしていくんですね。

そんな感じで申し込み内容一式をスコアリングし、その合計点がある得点以上なら次の審査へ、それ以下であれば否決、それ以外でも、ある条件が成立すれば精査する、といったように判断します。

もちろんそこら辺の詳細は、各社ブラックボックスなので、カード会社によって異なってきます。このスコアリングの点数のつけ方が、各社の審査の癖となって表れてくると言えるでしょう(相性というのもこういうところからくるのだと思います)。

2.人為的な判断

十人十色のクレジットカードの申込内容は、機械だけで全て正確な判断ができる訳ではありません。申込内容を直接見て、人が審査をする事も当然あります。

例えば、とある情報によると某カード会社では、合格判定が既にでていたとしても、必ず上席の社員が申込み内容に目を通すといいます。もちろん、そこで何らかの問題があれば、審査に落ちる可能性もあるわけです。

いつの時代になっても、全て完全にコンピューターで自動化できる訳ではないのでしょう。考えてみれば当然かもしれませんね。

3.個人信用情報機関に登録された情報(クレジットヒストリーのチェック)

適正なクレジットカード利用ができるように、私たちのクレジット利用履歴は、個人信用情報機関というところに蓄積されています。簡単に言えば、これはクレジットヒストリーと呼ばれるものですね。

その情報を見れば、何枚クレジットを契約しているかや、延滞情報、過去2年間の支払い状況などが簡単に分かってしまいます。

クレジットカード会社は個人信用情報機関に登録されたそれら情報を大いに参考にし、総合的に、信用を与えられるかを判断します。

例えば、過去に致命的な延滞(例えば3ヶ月以上に渡る延滞)をしていることが分かれば、その時点で否決される可能性が高まります。そこまでで無くても、延滞が多い人は、「この人は延滞が多くお金にルーズそうだから、うちのカードを発行しても延滞されるリスクが高いな」といった感じで落とされることもあるのです。

逆に、適正な枚数のクレジットカードを長期保有していることが見て取れる場合や、延滞が無い場合は、「この人はちゃんと支払いをする人だろうから大丈夫そうだな」ということになるのです。

ヤフーオークションなどである、絶対カードが作れるといった情報について

よく、「信用情報がブラックでも作れます!」等といった情報がヤフーオークションで販売されていますが、それはどういう事なのでしょうか。もちろん私自身はそういう情報を買った事がありませんが、予想はつきます。
大方、海外発行のクレジットカードか、東京スターデビットカード、SURUGA VISAデビットカード等の事でしょう。藁にもすがりたい気持ちもわかりますが、そんな情報にはお金を払う価値はないです。審査を制するには、まじめな知識が必要です。

101

FX口座開設キャンペーン

-クレジットカードの審査
-, ,

執筆者:


comment

関連記事

no image

クレジットカードの契約を申し込む方法

カード会社に申し込み、契約をすることで、クレジットカードを発行してもらうことができます。 クレジットカードの申込みをした時に、クレジットカード会社による審査が行われた後に、契約の手続きをすることとなり …

no image

ブラックでもOKのクレジットカード

ブラックリストに名前が入っていると、新規のクレジットカードは発行されないものなのでしょうか。 多重債務者になるなどして、自己破産や、長期延滞の実績があるとブラックリストに入ります。 ブラックリストに情 …

クレジットカードはブラックでも作れるのか

クレジットカードを新しくつくりたいけれども、かつて返済時にトラブルをおこして金融ブラックになっているという人は少なくありません。 クレジットカードは、ブラック状態にある人でも、発行可能なこともあります …

クレジットカードの審査に通るためのポイント

クレジットカードは審査通過しないと作れません。しかし、クレジットカード会社は明確な審査基準を公式サイトなどで公表しておらず、審査で通らなかった場合も審査落ちの理由を説明してくれないため、審査基準につい …

no image

クレジットカードのカードローン審査について

ショッピングだけでなく、ローンカードとしても利用できるクレジットカードを発行している金融会社が、最近は増えています。 クレジットカードのローン枠は、ショッピング用の枠とは別に設定されています。 ローン …

【お役立ち】

fx-easy

バイナリーオプションで、勝率60%以上を真剣に追及する検証ブログと実践記事

バイナリーオプションで本当に稼げるのか?独自のシステムで迫る「勝率70%以上」を追及する必勝法検証ブログです。 国内バイナリーから海外バイナリーまで、稼げるロジックを研究するバイナリー専門の松下研究所(MT4を使用しています)