最終的なお金の負担が変わるクレジットカードの返済方法

クレジットカード決済

決済時にクレジットカードを用いた場合、どの返済方法にするかで、支払う金額が変わる場合があります。

一括払い、二回以上の分割払い、支払い上限を定めたリボルビング払いと、様々な支払い方法があります。

どの返済方法でクレジットカードの支払いをするかで、返済総額が変動することがありますので、事前によく考えておくことです。

普段からクレジットカードは使っているけれど、返済方法は何となくで決めている人もいますので、この機会にチェックしてみるといいでしょう。

設定されている金利はクレジットカードの返済方法にも関係していますので、その点は知っておきましょう。

金利0%で返済を済ませたければ、クレジットカードで決済をした時に、一括払いを指定する必要があります。

もしも分割払いや、リボルビング払いを指定した場合は、利息をつけて支払わなければなりません。

基本的に、クレジットカードの決済額が高額で、支払い終了まで時間がかかればかかるほど、利息もふえます。

返済金額の内訳をチェックしてみると、リボルビング払いや、分割払いは、支払い金額に占める利息分が大きいことがわかります。

ただし、分割払いや、リボルビング払いは、月々のクレジットカード請求額を少なく抑えることができるという利点があります。

月々の支払金額の上限を設けておいて、上限をオーバーした分は翌月以降に繰り越すということで、リボルビング払いは月々の支払い負担を抑えてくれます。クレジットカードを使う時には、返済方法ごとの特徴をよく知っておくことが大事です。

コメント