クレジットカード決済によるローンの返済の仕方

クレジットカード決済

お店でのショッピングや、ネットショップの利用に際して、クレジットカードを使えば現金の持ち合わせがなくても手続き可能です。

クレジットカードを使った時は、カードの決済額を後日支払うことになりますが、自分に合う方法での支払いができる分、融通をきかせられます。

クレジットカードで決済を行うと、カード会社から店へ支払いが行われ、後日カード利用者に支払い請求を行う仕組みになっています。

次の精算日にまとめて支払うこともできますが、回数指定で分割払いにしたり、リボ払いにして支払い上限額を固定することもできます。

ただし、支払いが後に延びれば延びるほど、返済時に元金に上乗せする利息が高くなってしまいますので、その点は気をつけましょう。

金利が高めに設定されていれば、利息を減らすために返済回数を少なくするなり、リボ払いの上限額を高くする等の手続きが必要です。

クレジットカードによっては、カードの利用額に応じてマイルやポイントをためることができるサービスが付帯していることがあります。

クレジットカード選びでは、活用しやすいポイントがついているものがおすすめです。

ポイント還元率の高いカードを選べば、返済にかかる利息を実質的に相殺できるようなケースもあるので、特典選びも蔑ろにできません。

リボ払いをする時は、残高スライド式になっていることが多いので、返済総額に応じて1カ月当たりの返済金額が決まるクレジットカードが大半です。

クレジットカードでの決済は、無尽蔵にできるわけではありません。

カードごとに、月々いくらまでの決済ができるかが定められています。

付帯サービスの内容や、年会費の有無など、クレジットカードを選ぶ時の着眼点は色々です。

自分の使い方と相性のいいものを選択してください。