クレジットカードの還元率の計算方法は

還元率

ポイントサービスが付帯されているクレジットカードを、好んで使っている人は大勢います。

多くのクレジットカード会社がポイントサービスを展開していますが、ポイントの割合や、使い道が色々あるため、一概に比較ができません。

ポイントサービスは何となく利用しているけれども、現時点の貯まり具合を意識していない人もいます。

ポイントは金銭的価値と交換できるものですので、無駄にしないで使いたいものです。

クレジットカードの使い方によって、ポイント活用の幅は広いですから、賢く使っていくようにしましょう。

ポイントを仮にお金の価値に換算したとして、クレジットカードの利用額に対してどれくらいのポイント価値が付与されるのかを、還元率と呼びます。

クレジットカードの還元率とはどういったものなのか、実際に数字で考えると、わかりやすくなるでしょう。

1000円分の買い物をクレジットカードで行うと、1ポイントが入ると仮定します。この情報だけでは、還元率はわかりません。

1ポイントがいくらに相当するかがわからないためです。

1ポイントが10円分なのか、1円分なのかで、クレジットカードの還元率は大きく異なってきます。

例えば、500円分の商品券と交換するためには100ポイント必要だという時には、1ポイント=5円と考えます。

1000円の買い物をして1ポイントが付いて5円相当となるので、このクレジットカード0.5%の還元率であると計算できます。