クレジットカードの審査

クレジットカードはブラックでも作れるのか

投稿日:2016年10月17日 更新日:

Pocket

クレジットカードを新しくつくりたいけれども、かつて返済時にトラブルをおこして金融ブラックになっているという人は少なくありません。

クレジットカードは、ブラック状態にある人でも、発行可能なこともあります。なぜ、キャッシングブラックに名前が入るようになったのか、その事情によってはクレジットカードをつくれることがあります。

自己破産や、個人再生手続きをしていたという人は、5年以内は審査は通りません。

個人再生や、自己破産をしてから10年以上たっていなければ、銀行は融資をしない可能性があります。

任意整理の場合、裁判所を通さず金融機関と弁護士との交渉のみで行われる手続きとなっています。

信用情報機関は、任意整理の内容にまで触れていないことがありますので、その場合は調べる手立てがありません。

金融会社サイドからすれば、信用情報会社に何も情報が残っていない限り問題のない顧客ですから、審査に通るかもしれません。

金融ブラックの人がクレジットカードの手続きをした場合、審査でOKが出る場合もあれば、断られてしまうこともあります。

キャッシングの延滞を3カ月以上滞らせた時に、信用情報会社の情報が1年でなくなる場合と、5年間が記録が残ることもあり、一概には言えません。

ある信用情報会社の情報が消えていても、別の信用情報会社の情報も消えているとは限りません。

クレジットカード会社によっては1年が経過すれば審査に影響しなくなることもありますが、概ねブラックとなってから5年~7年程度は審査に通らない可能性が高いでしょう。

-クレジットカードの審査
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

クレジットカードの契約を申し込む方法

カード会社に申し込み、契約をすることで、クレジットカードを発行してもらうことができます。 クレジットカードの申込みをした時に、クレジットカード会社による審査が行われた後に、契約の手続きをすることとなり …

クレジットカード会社による申し込み時の審査について

クレジットカードは、申込みの際に必ず審査を行いますが、どういう内容の審査をして、判断をしているのだろうと思う人がいるようです。 ネット通販の利用者が増加しているために、決済時にクレジットカードを使う機 …

no image

クレジットカードの契約の手続きについて

クレジットカードは、多くの人に利用されており、持っているのが当たり前のようになってきました。 社会人になると何枚も持っている人が多いですが、学生や主婦のような収入の無い人でも持っている場合があります。 …

消費者金融から融資を受けてお金を用意する方法

今すぐ現金が必要だという時は、消費者金融の融資を申し込むといいでしょう。 想定外の出来事が起きて、すぐに現金を準備しなければいけなくなったりします。 友達に借りるわけにもいかず、どうやってそのお金を用 …

債務整理後のカードローン、クレジットカード作成について

債務整理をすると信用情報に事故情報が登録され、5年~10年はローンは組めないし、クレジットカードの作成もできません。 そして、ようやく5年が経過し、クレジットカードやカードローンを申し込んでみたけども …

TOP