スポンサーリンク

クレジットカードの審査 クレジットカード決済

ポイントの付与が魅力的なクレジットカード

投稿日:2017年6月20日 更新日:

Pocket

クレジットカードには、利用額に対応したポイントをためることができるサービスかよくあります。

クレジットカードには色々な利点がありますが、ポイントの蓄積がクレジットカードの楽しみだという人もいます。

クレジットカードからの引き落としで発生するポイントも、お得です。意識しないうちに、お金を消費していることがあります。

その際にクレジットカード払いなどはよく活用されていますが、支払方法を上手に選択することで、よりお得になる場合があります。

家賃の支払いがクレジットカードでできるところも多くなってきていますので、コンスタントにポイントが入ります。

毎月の家賃はまとまった金額になりがちですし、月ごとに支払うものですので、ポイントが貯まりやすくなります。

日頃の生活費の中で、家賃に匹敵する支出はないという人もいますので、ポイントがかなり入ってきます。

最近では、自治体でも電気料金や、水道料金をクレジットカード払いにできるころもありますし、プロバイダ料金や電話料金もカードで支払えます。

今は通帳引き落としにしているものでも、クレジットカード払いにできるものがあるかもしれません。

家賃や水道光熱費など、定期的に支払うものでも年間にすると、数万円分ものポイントが貯まることも珍しくありません。

クレジットカードのポイントがいち早くたまるようにするには、クレジットカードで支払えるものは積極的に支払い、特に固定費は見逃さないことです。

よく利用するサービスでの発生ポイントでクレジットカードを選ぶ

多くの人がクレジットカードを使うようになりましたが、クレジットカードの多くは、利用金額に応じたポイントが入ります。

クレジットカードで支払いをするとポイントが入り、ポイントを消費して景品がもらえたり、割引ができます。

月々の家賃や水道光熱費をクレジットカードで払うことで、ポイントを効率的に貯める方もいます。

クレジットカードのポイントは、取り扱っている会社によって、それぞれ特長が異なります。

クレジットカードを使うとポイントが入るという点では一致していても、どんな使い方でどの程度のポイントが入るかが異なります。

外食をしたり、ショッピングをした時の支払いだけでなく、交通料金の支払いもカード払いはできます。

飛行機を使った移動を頻繁に行っているなら、クレジットカードでチケットを買えば、その都度ポイントが入ってきます。

自動車を用いて移動することが多いという人は、ガソリンを買う時にクレジットカードで決済をするようにするといいでしょう。

もし、利用する機会が多い店舗や施設が発行しているクレジットカードがあれば、提携施設のカード決済時はポイントが多くつくことがあります。

クレジットカードを選ぶときには、自分がどういうサービスを利用するかをよく確認してみると良いでしょう。

よく使うクレジットカード決済時に、特にポイントがたくさんつくようになっていれば、どんどんポイントが入ります。

普段から、自分がどういった状況で買い物をしているかを振りかえってみて、使いやすいクレジットカードを見極めることが大事です。

 

-クレジットカードの審査, クレジットカード決済
-,

執筆者:

関連記事

no image

クレジットカード発行までの期日について

クレジットカードは、申し込みから発行まで、大体2、3週間かかります。カードローンやキャッシングであれば、自動契約機や窓口などで即日発行が可能ですが、クレジットカードは1週間以内なら相当に早いと言えるで …

確実に即日融資を利用する方法とは

申し込み後数分から数時間で審査の結果が出て、すぐにお金が受け取れることがカードローンの魅力です。 できるだけ早くお金を用立てたいという時は、消費者金融機関が扱うキャッシングの申込みをするといいでしょう …

年会費がかかるクレジットカードのメリット

一般的には、クレジットカードには年会費が年一回発生しますが、最近は年会費を取らないクレジットカードが増加しています。 最近は、様々な年会費無料のクレジットカードが登場していることから、自分の好みに合わ …

no image

自動車税をクレジットカード決済で支払う方法

自動車税は、車を持っている人が、毎年支払わなければいけない、車についての税金です。 自動車税も他の税金と同じように滞納するとペナルティが課せられてしまうので、必ず支払わなければならないものです。 自動 …

no image

ブラックでもOKのクレジットカード

ブラックリストに名前が入っていると、新規のクレジットカードは発行されないものなのでしょうか。 多重債務者になるなどして、自己破産や、長期延滞の実績があるとブラックリストに入ります。 ブラックリストに情 …

TOP