スポンサーリンク

クレジットカードの審査

キャッシングの審査に落ちてしまう原因

投稿日:2017年7月3日 更新日:

Pocket

審査は、キャッシング会社に融資の申込みをした時に、必ず受けなければならないものです。

どういう理由で、審査に落とされることがあるものなのでしょう。

仕事をしていて、それなりの収入がある人でも、キャッシングの審査に落ちてしまうこともまります。

勤務先が大手であっても、入社してからの勤続年数が少ないと審査に落ちる場合があります。

現在の職業についてまだ日数がたったいないような人は、いくら月収が高くても、収入が安定しているとは言い切れません。

今の会社で働き始めて半年程度という人に対しては、再び仕事を退職してしまうのではないかと考えられるのです。

月々の収入に比して、借り入れ希望の金額が大口に過ぎると、総量規制との兼ね合いもあり、審査で断られがちです。

消費者金融会社がお金を貸し付ける時には、総量規制という決まりがあるので、年収の3分の1以下の貸付金額に留まっています。

以外と多いのが申込の際の書類に虚偽の情報を記載することで、この場合も審査に通ることはありません。

勤続年数や会社の所在地、電話番号などを不注意で間違って記載してしまう人が多く、少しでも事実と異なると審査に落ちてしまいます。

何社かのキャッシング会社に融資の申込みをしている人は、お金のやりくりに行き詰まっていると見なされて、返済能力を不安視されます。

もしも、いくつかのキャッシングを同時に借りたいとしても、1カ月くらいは間を開けるようにしましょう。

キャッシングの種類と審査にかかる期間

審査は、どのキャッシング会社でも必ず行っていますが、審査にかける時間は、各社によって異なります。

キャッシング会社の種類はとても多く、それぞれのキャッシング会社によつて貸付条件は異なっています。

申し込んでから、審査が終わって融資を受けられるようになるまでの日数も違いますので、急ぎの場合は要注意です。

もしも、審査に時間がかからないキャッシング会社からの借り入れを求めるなら、お勧めは消費者金融系のキャッシング会社から借りることです。

キャッシングの診査は、年々短時間で済ませることができるようになっています。

早いところでは、審査結果が出るまで30分程度で済みます。

申し込み日のうちに融資を受けることができて、手続き自体も簡単なキャッシングが、この頃は珍しくありません。

簡単にお金を借りることができて、しかも審査が早く楽だとなれば嬉しい話ですが、金利か高めで、利息が増えやすいというネックもあります。

ネットキャッシングを利用する人が増えていますが、インターネットからの申込みは他人の目に触れるリスクを掘らせます。

ただし、個人事業主や事業主用のキャッシングは、ネットキャッシングには対応しておらず、審査の待ち時間も眺めになります。

個人用のキャッシングでは当日中に結果が出るような融資でも、事業主のためのキャッシングでは2日くらいは必要になります。

事業者向けのキャッシングでは、審査でチェックしなければならないことが個人用のものと違ったものになります。

気軽に申込みの手続きができて、あっという間に融資が受けられるとはいっても、無理なく返済できる範囲の借り入れに留めるようにしましょう。

-クレジットカードの審査
-

執筆者:

関連記事

クレジットカードのカードローン審査について

ショッピングだけでなく、ローンカードとしても利用できるクレジットカードを発行している金融会社が、最近は増えています。 クレジットカードのローン枠は、ショッピング用の枠とは別に設定されています。 ローン …

クレジットカードの審査をクリアする基準とは

最近では主婦や学生でもクレジットカードが利用できる様になり、手軽で便利なものとなってきています。 クレジットカードを所有すること自体はありふれたことになりましたが、審査の内容で知っておくべきことはある …

学生キャッシングの審査について

キャッシングの申込みをする時は、学生は社会人ほどお金を稼いでいない分、審査をクリアしづらくなります。 審査で一番重要視されるのは安定した収入があるかどうかであり、その点では学生はどうしても評価が低くな …

個人で事業融資を受ける時の審査基準について

基本的に、個人が事業資金を目的として銀行の融資を頼んでも、審査でOKが出にくいようです。 事業を起こす場合には、まとまった資金が必要になりますが、これらを全て個人的に準備するのはなかなか難しいものです …

クレジットカードの還元率の計算方法は

ポイントサービスが付帯されているクレジットカードを、好んで使っている人は大勢います。 多くのクレジットカード会社がポイントサービスを展開していますが、ポイントの割合や、使い道が色々あるため、一概に比較 …

TOP