スポンサーリンク

クレジットカードの審査 クレジットカード決済

消費者金融から融資を受けてお金を用意する方法

投稿日:2017年7月7日 更新日:

Pocket

今すぐ現金が必要だという時は、消費者金融の融資を申し込むといいでしょう。

想定外の出来事が起きて、すぐに現金を準備しなければいけなくなったりします。

友達に借りるわけにもいかず、どうやってそのお金を用意したらいいか悩むところです。

独力で資金を調達することが不可能になった場合には、消費者金融の融資でお金を用意するという手段があります。

消費者金融に申し込むと、まずは審査を受けることになります。

どの会社でも審査は必ずありますので、避けることはできません。

審査では、その人の収入や、勤続年数、仕事の内容、今までキャッシングを利用してことがあるかどうかなどを調べて、信用の程度を判断します。

キャッシングでは、年収の3分の1をオーバーする借り入れはできませんので、上限額がおのづと決まっています。

融資を受けた後は、月に1回の返済日に少しずつ返していきますが、返済負担が大きくなりすぎないようにしましょう。

自分の収入をよく考えて消費者金融を使うようにしないと、自分で自分の首を絞めることになります。

現金がいるという事態は珍しくもないですが、常に消費者金融会社に頼っていては、使えるお金がなくなってしまいます。

いざという時に動かせるお金をあらかじめ用意しておくほうが、何かあってから消費者金融会社に行くよりも、ずっといい方法です。

想定外の事態が起きたとしても、蓄えから出すことができれば、消費者金融会社の融資を受けずとも、問題事は解決できます。

消費者金融を利用して融資を受けるには

消費者金融を利用したことがない人に、融資までの手順を解説するのは、案外と大変です。

お金については常に気をつけているつもりでも、何かの拍子に現金が必要になるということは起こりえます。

キャッシングや、ローンを利用することで、不足している現金を補填したいという人もいます。

キャッシングについて情報を集めていると、消費者金融という単語が出てくることがありますが、意味がわからないという人もいます。

もしも、現金融資を希望しているのなら、消費者金融についての知識を深めておくと役立つでしょう。

融資とは、法人や、個人に対して、お金を貸し付けることです。
この融資業務を行っている会社が、金融会社と呼ばれる会社です。

よく知られているものに、住宅を購入する時の住宅ローン、自動車を購入する時の自動車ローンがあり、消費者金融会社もこれらの業務を行っています。

消費者金融会社の融資はキャッシングともいい、主に個人に対して担保なしで貸し付けます。

消費者金融会社には色々な会社がありますが、月々の収入が一定で、成人しており、過去に金融商品絡みのトラブルがなければ融資は受けられます。

正社員でなくても、アルバイトやパートの収入が安定していれば、消費者金融会社を使うことが可能になっています。

インターネットで必要な手続きが全てできるネットキャッシングや、申込み手続きが終われば以後は最寄りのATMから融資や返済ができます。

申し込んだその日のうちに融資を受けられるような消費者金融もありますので、すぐにお金が必要だという人も重宝します。

消費者金融に申込みして融資を受ける時の審査内容

もしも、初めて消費者金融会社に申込みをする場合は、必要書類に関する情報や、審査で何をするかを確認しておきたいものです。

提出しなければならない書類が、消費者金融の融資に際してはあります。

まずは身分証明書として、現在住んでいる住所が記載された運転免許証やパスポート、健康保険証といった書類が必須です。

身分証明書に記載されている住所と現住所が異なる場合には、数ヶ月以内に発行された公共料金等の領収書が併せて必要となります。

借り入れ金額が50万円より多くなる時には、源泉徴収票などの年間収入がわかる書類のコピーを、申込み時に提出します。

申込み書と合わせてこれらの書類を提示すると、消費者金融会社は審査で信用の程度を調べ、希望額の融資が可能か決定します。

審査では、収入は安定しているか、同じ会社に長年勤めているか、他社から借入はしていないかなどを調べます。

顧客情報に基づいて内容を吟味し、融資可能な人物であると結論が出た時に、お金を借りられるようになります。

消費者金融から融資を受ける場合には、安定した収入を得ているという事実があると非常に有利に働きます。

毎月確実な収入を得られ、返済能力を有する人物であるかどうかについて審査されます。

今まで、ローンやキャッシングを利用したことがあるかどうかは、信用情報会社に照会して確認しています。

期日までに滞りなく返済している人のほうが、審査では有利です。

金融会社によって審査の内容は違いますが、返済能力の高さを判断する基準に、自分の家を持っているかや、家族構成なども含まれているようです。

-クレジットカードの審査, クレジットカード決済
-,

執筆者:

関連記事

no image

マイルを貯めるのならクレジットカードがお得

クレジットカードで、マイルをためるという方法があります。 航空チケットと交換するだけでなく、航空会社の色々なサービスを活用するなど、たまったマイルの使い方はたくさんあります。 多くの人が、クレジットカ …

no image

クレジットカードの審査の基準について

クレジットカードは、正社員として働いている人だけでなく、アルバイトやパートの人でも審査に通ると言われています。 クレジットカードの申し込み手続きをした人の中には、正社員として仕事をしているのに、審査で …

クレジットカードを利用した時の返済方法について

クレジットカードの返済方法は何種類かありますが、いずれの方法を選ぶにしろ、知っておいたほうがいいことがあります。 もしもリボルビング払いを利用した場合は、余裕があるという時に、まとめて返済をすることが …

クレジットカードの審査に通るためのポイント

クレジットカードは審査通過しないと作れません。しかし、クレジットカード会社は明確な審査基準を公式サイトなどで公表しておらず、審査で通らなかった場合も審査落ちの理由を説明してくれないため、審査基準につい …

クレジットカードで決済ができる仕組みについて

クレジットカード決済についての正しい知識を身につけることで、よりお得に利用できるようになります。 今や大半の人が保有しているクレジットカードですが、その仕組みについてきちんと理解して使用できていますで …

TOP