スポンサーリンク

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査をクリアする基準とは

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

最近では主婦や学生でもクレジットカードが利用できる様になり、手軽で便利なものとなってきています。

クレジットカードを所有すること自体はありふれたことになりましたが、審査の内容で知っておくべきことはあるでしょうか。

色々な金融会社がクレジットカードを取り扱っていますが、いずれの会社でも、審査では収入の有無を重視します。

収入が安定していない、年収が少ない場合には、クレジットカードの審査に通らない可能性が高くなります。

新しくクレジットカードをつくる時には、カード会社の審査を受けて、一定の信用能力があることを相手に知ってもらう必要があります。

クレジットカードの審査では、収入に関してはしならず調べられます。

勤続年数や、年収、業種や業務なども確認対象になります。

勤めて何年目の会社なのか、給料をどのくらい貰っているのかについては、どのクレジットカード会社でも確認されます。

金融会社に認めてもらうためにと、申込み用紙に事実と異なることを描く人もいますが、収入を多めに申告しても、結果的に損をするのは自分自身です。

大抵の金融会社は、クレジットカードを新しくつくる時に顧客のの信用能力を見極めるために、審査をすることになっています。

あまりにもかけ離れた金額で申込みをしていると、虚偽の記入をしていると判断されて審査に落ちる可能性は十分にあります。

通信手段として、スマホや、携帯電話を所持する人が増加しています。

それにともなって、固定電話を解約する家庭も多くなりました。

クレジットカードの審査では、自宅に固定電話がある人は生活の基盤が安定しており、信用能力があると判断されやすく、審査に通りやすくなっています。

 

クレジットカードの申込み時に行われる審査について

クレジットカードの発行には審査が必須ですが、どのような内容の審査なのでしょう。

クレジットカードを作成する際に、どんな人であったとしても避けて通れないのが申し込み時の審査です。

生まれて初めて自分のクレジットカードを持つための審査を受けるとなれば、大きなことです。

クレジットカード会社が審査を行う時の基準はどのようなもので、どういう人が選ばれやすいものになっているのでしょう。

まず最初にチェックされるのは、申込書に必要な情報が確実に埋められているか否かという点です。

申込み客のついての情報を確認し、その内容を精査することで、クレジットカード会社がカードを出すかを決めます。

もしも、必要書類に書きこんで置くべき情報が不足していたら、審査を受ける以前の段階として落とされてしまうでしょう。

クレジットカードの申込書を送付する前には、記入漏れが無いか必ず確認しましょう。

クレジットカード会社が審査の際に必ず確認をするのが、借入金の返済トラブルの有無です。

これまでローンやキャッシングを使った時に、返済が期日通りにできているかは、信用情報会社にデータ管理されています。

審査の過程で信用情報会社に照会し、もしも延滞や破産などの記録があれば、クレジットカードが発行されることはありません。

発行までにかかる期間の短さを売りとしているクレジットカードは、信用機関への問い合わせで問題が無いと判断された時点で、カード発行の手続きへと移るケースもあります。

借りたお金は期日までにきちんと返すことや、支払い日を守ってお金を支払うことが、クレジットカードの審査をスムーズに通過するコツです。

 

主婦や学生の申込みによるクレジットカード審査のポイント

クレジットカードを持つことは、円滑に買い物を済ませるための当然のこととなりつつあり、主婦や学生でも多くが持っています。

ネットショッピングが普及している現在では、クレジットカードは様々な場面で利用できるので、生活をしていく上で無くてはならないものです。

そんなクレジットカードを発行してもらう為には、カード会社の審査に通過する必要があります。

クレジットカード会社は、自社の審査でOKが出た顧客に対してのみ、新しいクレジットカードを発行しています。

審査でどんな項目を調べているかはクレジットカード会社によって違いますが、多くの場合は名前や年齢、性別などの基本情報のほか、勤務先、勤続年数、年収なども確認します。

幾つかの情報に基づいて、返済能力の有無を判断しています。

ただし、クレジットカード会社によって基準は異なっていますので、審査の結果が一律にはなりません。

カード会社が審査で推し量っているものは、信用の有無です。

信用がある人ほど高い返済能力があると判断されて、審査では有利になるという考え方になります。

返済能力は年収や雇用形態、信用性はこれまでのクレジット・ローンの申し込みや返済状況や職業が判断材料となります。

返済能力が低い学生や専業主婦はクレジットカードを所有出来ないと思われがちですが、申込みができるクレジットカード会社も増えています。

多くのクレジットカード会社は、学生や、主婦へのカード発行に対しては、保護者や、配偶者の返済能力を審査の対象にしています。

手当たり次第にクレジットカードを申込み、返済能力をオーバーするカード所持数になってしまうと、以後の審査は通りにくくなります。

クレジットカードの新規申込みをする場合は、本当に自分が必要としているカードなのかをきちんと把握しておくことが大事です。

-クレジットカードの審査
-,

執筆者:

関連記事

主婦でも利用できるカードローン

安定した収入のない主婦でも申請することが可能なカードローンがあります。 ただし、消費者金融会社等で融資を受ける場合は、総量規制の範囲内になります。 法律によって、返済金額が年収の3分の1を越えるような …

クレジットカード会社による申し込み時の審査について

クレジットカードは、申込みの際に必ず審査を行いますが、どういう内容の審査をして、判断をしているのだろうと思う人がいるようです。 ネット通販の利用者が増加しているために、決済時にクレジットカードを使う機 …

年会費有料のクレジットカードを解約する際の注意点

クレジットカードの解約手続きをする場合があるかと思いますが、実施にはどのようにすれば良いのでしょうか。 解約をしたい旨をクレジットカードのサポートセンターに伝えると解約をするために必要な書類を送る手続 …

no image

クレジットカードの契約を申し込む方法

カード会社に申し込み、契約をすることで、クレジットカードを発行してもらうことができます。 クレジットカードの申込みをした時に、クレジットカード会社による審査が行われた後に、契約の手続きをすることとなり …

no image

クレジットカードのブラックリストの情報について

クレジットカードは、滞りなく支払いができていれば便利なカードのままですが、返済が大幅に遅れるとその記録が残されます。 返済不能に陥ったり、何ヶ月も滞納したりといった状態になった人は、ブラックリストに名 …

TOP