学生キャッシングの審査について

クレジットカードの審査

キャッシングの申込みをする時は、学生は社会人ほどお金を稼いでいない分、審査をクリアしづらくなります。

審査で一番重要視されるのは安定した収入があるかどうかであり、その点では学生はどうしても評価が低くなります。

ただし、キャッシング会社側の審査基準を把握し、ちょっとした心がけをしておくことで、審査は楽になります。

何をおいても収入があることが重要なので、アルバイトをして収入を得ているかどうかです。

お金を貸す側としては、返せる能力があるかということが最も重要であるため、アルバイト収入の有無は必ず確認します。

収入のない人がキャッシングの申込みをしても、審査で断られてしまうだけですから、アルバイトは前提条件です。

月々いくら稼いでいれば、キャッシングの融資を受けることができるかに関しては、はっきりした線引きはありません。

審査時にチェックされるのは、収入の多さよりも、安定しているかどうかを重要視する傾向があります。

安定した収入と見なされるようになるには、半年から1年は同じアルバイトを続けることです。

一見逆効果のようにも思えますが、クレジットカードを使うことも評価の対象になることがあります。

クレジットカードを使用している履歴は、信用情報機関に情報として蓄積されるようになっています。

毎月のクレジットカード返済をしっかり行っているということがわかれば、返済能力がある学生として、評価されるのです。

学生でもキャッシングの利用は可能

学生でも、コンスタントに収入を得ているような場合は、キャッシングが使えます。

学生の中には、限られた収入を調整して、家計を成立させている人もいます。

勉強に必要なお金や、留学や旅行のための貯蓄、家賃や光熱費の支払いなど、学生として暮らしていくためには、結構なお金がかかるものです。

バイトなどの少ない収入では、まかない切れないことも少なくありません。

消費者金融のキャッシングは、バイトだけではお金が足りないという時に、一時的に対応する必要があるという時に使えます。

保証人不要、担保不要で融資を受けられることが、キャッシングの魅力です。

学生にとっては、実家に頼らず、独力でこの状況を切り抜けたい時に助かる存在です。

利息制限法によって、キャッシングの上限金利は決まっています。

学生がお金を借りたからといって金利が高くなる心配がないところも、嬉しいポイントです。

完済まで、月々いくらの返済をするかははっきり決まっていますのて、計画性のある借り方をすれば問題ありません。

最近はネットキャッシングも便利に使えるようになり、個人使用の携帯端末からでも申込みができます。

最短であれば、30分ほどの手続きで審査が通過し、それから数時間後には必要な額のお金を、指定した銀行口座に振り込んでもらうことが可能となっています。

ただし、キャッシングに関する法律に総量規制と呼ばれるものがあり、年収の1/3を越える金額は借りることができません。

キャッシング会社からお金を借りる時には、学生であれ、社会人であれ、年収の3分の1までの借り入れが上限となります。