スポンサーリンク

クレジットカードの審査

個人で事業融資を受ける時の審査基準について

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

基本的に、個人が事業資金を目的として銀行の融資を頼んでも、審査でOKが出にくいようです。

事業を起こす場合には、まとまった資金が必要になりますが、これらを全て個人的に準備するのはなかなか難しいものです。

新しく仕事をスタートしたいという時に、銀行から融資を受けることが可能なら、運転資金として十分なお金を用意することが可能です。

とはいえ、事業開始に際して必要な金額はかなりのものになります。銀行に融資の希望を出しても、審査で断られることも珍しくありません。

ある程度の成功をおさめている人や、企業が新規事業を開始したいという時は、銀行に融資を申し込めば、お金を借りやすいと言われています。

0からスタートするという人が、銀行から融資を受けたいと言っても、審査の段階で断られてしまうでしょう。

銀行融資を必要としている人に対して、銀行が融資を断るのは、どのような理由からでしょう。

まず最初に通常の融資の申込み時にも行われている一般的な審査項目である収入や職業、借入額などについて確認されます。

安定した収入とは、毎月一定の収入があるかという点です。

年収が高くても、月ごとの収入が乱高下している場合は、高く評価はされません。

高い年収を得ている人でも、月々の収入が安定していなければ、銀行の審査では高く評価されずに、融資は難しい相手だと判断されてしまうというわけです。

反対に、収入が必ずしも高いわけではないけれど、会社役員などをしており安定した月収を得ている人は、審査の評価が高くなるということがあります。

銀行に個人で融資を受けるためには、収入以外にも、仕事で成功している実績や地位などが重視されます。




融資時に行われる審査の条件や方法について

キャッシングの審査ではどういったことをするのかを理解した上で、申込みをする効率がいいようです。

キャッシングの融資というのは、お金が必要となる時にとても便利なものであり、多くの人に利用されているものです。

最初にキャッシングの手続きをする時には、融資をするかどうかを決める審査があることは、知っておくといいでしょう

キャッシングの審査は、銀行系キャッシングか、消費者金融系キャッシングかでも違いますので、その点は理解しておく必要があります。

最近だとアルバイトや主婦などでも融資が出来る消費者金融も増えてきました。

金融会社は、主婦でもパートやアルバイトで働き続けている人に対しては、返済能力ありとして融資をしています。

専業主婦のような働いていない人でも、配偶者の収入が保証されていて、キャッシングに同意していれば、融資は可能です。

銀行系のローン会社の場合は、やはりこちらは消費者金融会社などのキャッシングと比べると金利面や限度額でも圧倒的に有利な分、審査条件についてはより厳しいものとなっています。

毎月の給与を受け取っていて、正社員として仕事をしているような人は、審査で落ちることはまずありません。

銀行は、確実に返済ができる人にお金を貸したいと思っているため、自営業で収入が安定していないような人は審査では不利になります。

キャッシングの融資に関してはまず何と言っても安定した収入が必要であり、それを得るための職種や勤務年数などが必要条件としても一番大事となります。

今までのキャッシング利用歴を確認して、返済を遅らせたことがないか、借りたお金はきちんと返せているのかなども審査では調べるようです。



短時間で終了する無担保融資の審査とは

無担保での融資を受ける際の審査は、多くの人が思っているよりも早い時間で終わります。

無担保で受けられる融資の代表格としては、フリーローンとも言われる消費者金融や銀行からのカードローンが挙げられます。

融資を無担保で行うということは、貸したお金を返済することができなくなった場合、金融会社側が支払えないお金の代わりに売却していいものがないということです。

担保なしで融資を行うと、返済ができなかった場合は金融会社側が貸した分だけ損をしてしまいます。

金融会社は、担保のない顧客にお金を貸すという場合は、家庭環境や、過去の返済実績をもとにして、貸したお金を確実に返済できる人にだけ貸そうとします。

貸付金利を高くすることで、もしも返済ができない顧客がいたとしても、別の顧客の支払う利息で補填しようといます。

年率が18%近くなっている融資も多く、他の金融商品と比べても高い傾向にありますが、審査にかかる時間自体は申し込んだその日のうちに結果が出来ることもあります。

申込みをしたその日に融資を受けられる即日キャッシングと言われる金融商品もあるくらいで、非常にスムーズに行なえるようになっています。

希望する借入金額が50万円以下なら、収入を証明する書類も提示不要というところも多く、簡単な手続きが申込みができます。

審査を受ける時には、信用情報会社から今までのキャッシング利用状況を確認されて、返済を遅らせたり、破産申請をしたことがないかもチェックします。

これまで、大勢の人に融資を行った実績やデータをもとにして審査を行っていますので、審査の結果がすぐに出るようになっています。

キャッシングの審査では、無担保での融資は貸し付け条件がどうしても厳しくなりますし、今まで返済を遅れさせたことがあるような人も、審査では低く評価されてしまいます。

-クレジットカードの審査
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

クレジットカード発行までの期日について

クレジットカードは、申し込みから発行まで、大体2、3週間かかります。カードローンやキャッシングであれば、自動契約機や窓口などで即日発行が可能ですが、クレジットカードは1週間以内なら相当に早いと言えるで …

no image

クレジットカードの契約の手続きについて

クレジットカードは、多くの人に利用されており、持っているのが当たり前のようになってきました。 社会人になると何枚も持っている人が多いですが、学生や主婦のような収入の無い人でも持っている場合があります。 …

no image

ブラックでもOKのクレジットカード

ブラックリストに名前が入っていると、新規のクレジットカードは発行されないものなのでしょうか。 多重債務者になるなどして、自己破産や、長期延滞の実績があるとブラックリストに入ります。 ブラックリストに情 …

クレジットカードの審査に通るためのポイント

クレジットカードは審査通過しないと作れません。しかし、クレジットカード会社は明確な審査基準を公式サイトなどで公表しておらず、審査で通らなかった場合も審査落ちの理由を説明してくれないため、審査基準につい …

ブラックでも即日融資をしてくれる金融業者

ローンやキャッシングの返済を長期にわたって滞らせたり、返済不能になった人をブラックといいます。 過去に返済トラブルを起こしているので、融資をしても完済の見込みがあまり無い人として見られています。 一旦 …

TOP