スポンサーリンク

クレジットカードの審査

クレジットカードのカードローン審査について

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

ショッピングだけでなく、ローンカードとしても利用できるクレジットカードを発行している金融会社が、最近は増えています。

クレジットカードのローン枠は、ショッピング用の枠とは別に設定されています。

ローン枠の設定は、ショッピング枠同様、審査で決定します。ローンの申込みにも使えるようになっていても、借り入れができる金額はごくわずかということもあります。

クレジットカードのキャッシング枠とは、どういった審査によって基準が定められているのじょう。

細かな部分は会社ごとに違うようですが、大まかかに知っておくべきことは、クレジットカード会社共通です。

重視される点として、他社借入件数や、返済中のローンがあるかがあります。

審査での評価が下がりやすい人としては、他の金融会社のローンを返済中という人になります。

返済中のローンといっても、銀行のローンは考慮外ですので、その他のローンはどうなっているかが大事です。

マイカーローンや、住宅ローンを銀行から借りていて、返済中だという人でも、クレジットカードの審査ではカウントされていませんので、大丈夫です。クレジットカードの審査で重視されるポイントとして、過去の返済実績があります。

他社のローンでも、返済を長期にわたって滞らせたことがある人は信用情報会社に記録が残っていますので、要注意です。一般的なローン以外にも、クレジットカードでの買い物をした時に、カードで支払った分を後でカード会社に支払わなかったという事例もあてはまります。返済時に、延滞や返済不能といった問題を発生させないように、クレジットカード支払いをする時にはスムーズに払えるようにしておきましょう。

クレジットカード決済によるローンの返済の仕方

お店でのショッピングや、ネットショップの利用に際して、クレジットカードを使えば現金の持ち合わせがなくても手続き可能です。

クレジットカードを使った時は、カードの決済額を後日支払うことになりますが、自分に合う方法での支払いができる分、融通をきかせられます。

クレジットカードで決済を行うと、カード会社から店へ支払いが行われ、後日カード利用者に支払い請求を行う仕組みになっています。

次の精算日にまとめて支払うこともできますが、回数指定で分割払いにしたり、リボ払いにして支払い上限額を固定することもできます。

ただし、支払いが後に延びれば延びるほど、返済時に元金に上乗せする利息が高くなってしまいますので、その点は気をつけましょう。

金利が高めに設定されていれば、利息を減らすために返済回数を少なくするなり、リボ払いの上限額を高くする等の手続きが必要です。

クレジットカードによっては、カードの利用額に応じてマイルやポイントをためることができるサービスが付帯していることがあります。

クレジットカード選びでは、活用しやすいポイントがついているものがおすすめです。

ポイント還元率の高いカードを選べば、返済にかかる利息を実質的に相殺できるようなケースもあるので、特典選びも蔑ろにできません。

リボ払いをする時は、残高スライド式になっていることが多いので、返済総額に応じて1カ月当たりの返済金額が決まるクレジットカードが大半です。

クレジットカードでの決済は、無尽蔵にできるわけではありません。カードごとに、月々いくらまでの決済ができるかが定められています。

付帯サービスの内容や、年会費の有無など、クレジットカードを選ぶ時の着眼点は色々です。自分の使い方と相性のいいものを選択してください。

-クレジットカードの審査
-,

執筆者:

関連記事

債務整理後のカードローン、クレジットカード作成について

債務整理をすると信用情報に事故情報が登録され、5年~10年はローンは組めないし、クレジットカードの作成もできません。 そして、ようやく5年が経過し、クレジットカードやカードローンを申し込んでみたけども …

クレジットカードのローン金利と手数料について

不足の自体で手持ちの現金が不足している場合でも、クレジットカードが一枚あれば、その場を切り抜けることは可能です。 キャッシング枠がついているクレジットカードなら、消費者金融会社のキャッシングと同じよう …

確実に即日融資を利用する方法とは

申し込み後数分から数時間で審査の結果が出て、すぐにお金が受け取れることがカードローンの魅力です。 できるだけ早くお金を用立てたいという時は、消費者金融機関が扱うキャッシングの申込みをするといいでしょう …

クレジットカードの還元率の計算方法は

ポイントサービスが付帯されているクレジットカードを、好んで使っている人は大勢います。 多くのクレジットカード会社がポイントサービスを展開していますが、ポイントの割合や、使い道が色々あるため、一概に比較 …

未成年者でも発行可能なクレジットカード

成人していないうちに、年会費0円のクレジットカードを使いたいという人がいます。 クレジットカードを未成年に対して発行する場合、18歳になる年の、4/2より遅い日付である必要があります。 たとえ正社員と …

TOP