クレジットカードの審査 クレジットカード決済

年会費がかかるクレジットカードのメリット

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

一般的には、クレジットカードには年会費が年一回発生しますが、最近は年会費を取らないクレジットカードが増加しています。

最近は、様々な年会費無料のクレジットカードが登場していることから、自分の好みに合わせて選べるようになもなってきています。

では、クレジットカードの年会費が発生するタイプは、年会費のいらないクレジットカードとどこが違うのでしょう。

どうしても無料のものが気になりますが、年会費有料のクレジットカードにもメリットがあります。

年会費が発生するクレジットカードとは、カードの特典サービスが充実していたり、ポイント還元率が高いものが一般的です。

クレジットカードの利用の仕方によっては、年会費が無料のものよりもお得に利用をすることができる場合があります。

クレジットカードについているサービスの使い勝手などを考慮に入れて、年会費を支払ってでも欲しいものがあるという人もいます。

航空機を使った移動をすることが多いという人は、飛行機や空港に関するクレジットカードのサービスを使います。

クレジットカードの中でも、年会費のかかるカードの場合、空港の特別ラウンジを好きなだけ使っていいというサービスもあります。

年会費の費用が掛かったとしても、空港のラウンジを利用すれば元が取れるということも少なくありません。

クレジットカードの利用頻度が多い人の場合、ポイント付与の金額が年会費より多くなれば、年会費を支払った分のもとはとれたと考えていいでしょう。

年間の利用料金と還元率を計算して、年会費のかかるクレジットカードを選んでみるというのもひとつの方法となります。




年会費有料のクレジットカードを解約する際の注意点

クレジットカードの解約手続きをする場合があるかと思いますが、実施にはどのようにすれば良いのでしょうか。

解約をしたい旨をクレジットカードのサポートセンターに伝えると解約をするために必要な書類を送る手続きをしてくれます。

クレジットカードの中には、解約手続き用の書類を必要とせず、電話一本で解約が済ませられるところもあるようです。

クレジットカードの中には、インターネットの解約用フォームからの手続きたけで済むこともあります。

年会費無料のクレジットカードは、いつ解約しても差し障りがないので、特に解約の時期を考えなくても大丈夫です。

ただし、年会費が有料のクレジットカードは、期間の途中で退会したとしても、年会費は返還されませんので、要注意です。

解約時期を考慮した上で、クレジットカードの解約手続きすることをおすすめします。

クレジットカードの年会費は、引き落とし日当日に発生しているのではなく、年度が替わった時に実質的には発生しているという考え方もあります。

年度が替わった瞬間にクレジットカードを持っているかどうかで年会費の発生が決まることがありますので要注意です。

クレジットカードを初めて受け取った時などに、契約内容を記載した書類を受け取っていますので、解約に関する部分をよく読みましょう。

クレジットカード会社のサイトに、規約が記載されていることもあるので、解約の方法についての情報をチェックしてみましょう。

クレジットカードの解約はどうすればできるかは、コールセンターに電話をして問い合わせをするのが手っ取り早いでしょう。




クレジットカードの年会費を比較する場合

お得な特典サービスや、優遇措置のついたクレジットカードをうたっている広告を目にする機会が多くなっています。

クレジットカードではなく、チャージ式のポイントカードを使う人が増えているなどの裏事情もあります。

新規のクレジットカードを作りたいという顧客が減っていることから、クレジットカード会社は多様なサービスを考案して、アピールしています。

クレジットカードの年会費を比較してみると、これまでは年会費無料だったカード会社が入会から一年間のみ無料と変わっている場合があります。

クレジットカードの中には、今まで有料だった年会費をなしにするというところもあるといいます。

新しいサービスを打ち出して、顧客を拡大したいと考えているクレジットカードが、様々な手立てを打っているというわけです。

クレジットカードの中には、年会費無料のクレジットカードがふえている昨今で、あえて多数派に逆らって、サービスの充実した年会費有料のクレジットカードにしています。

どのタイプのクレジットカードが、自分の消費活動から見た時に使いやすいカードといえるのか、じっくり検討した上で選ぶようにしましょう。

クレジットカードをつくるときに年会費が必要なタイプかどうかは、無料なら大々的に書かれていても、有料だと小さく書かれていることがあります。インターネットなどで簡単に申し込むことが出来るようになっていますが、規約には目を通しておくことも大切です。

最近では、2年目からは年会費をとるタイプや、1年間のカード決済額が規定金額に満たなければ年会費有料になるタイプなど色々ありますので、注意しましょう。

クレジットカードを新規で発行してもらう時には、どの会社のカードにすべきか、年会費の有無、付帯サービスの否用について、情報を集めることを勧めます。

-クレジットカードの審査, クレジットカード決済
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

自動車の税金はクレジットカードによる納付が可能

クレジットカードの中には、使えば使うほど、お得なポイントがもらえるタイプがあります。 クレジットカードは近年ますます使いやすくなっており、ちょっとした買い物にも使えるようになりました。 クレジットカー …

no image

学生の場合のクレジットカードの審査について

クレジットカードを学生に対して発行する場合、申し込み時の審査でチェックされている事柄とは、一体何でしょう。 学生ではなく、一般的な社会人の場合には年収や勤続年数などが、審査の対象となっているのはよく知 …

クレジットカードの審査に落ちる理由とは

クレジットカードの審査を通過しないことは滅多にありませんが、全くない話ではありません。 まずは、申し込み用紙に不備なく正しく記入することです。名前、住所、年齢、電話番号などは正しく書くようにしましょう …

未成年者でも発行可能なクレジットカード

成人していないうちに、年会費0円のクレジットカードを使いたいという人がいます。 クレジットカードを未成年に対して発行する場合、18歳になる年の、4/2より遅い日付である必要があります。 たとえ正社員と …

主婦でも利用できるカードローン

安定した収入のない主婦でも申請することが可能なカードローンがあります。 ただし、消費者金融会社等で融資を受ける場合は、総量規制の範囲内になります。 法律によって、返済金額が年収の3分の1を越えるような …

TOP