クレジットカード決済 還元率

年会費有料と無料のクレジットカードのポイントの違いについて

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

クレジットカードにはポイントが貯まる特典がある

現在では、数多くの人が成人後にはクレジットカードを使うようになっているといいます。

はじめて申込みをする場合には、どのクレジットカード会社にすれば良いのか迷う人も多いようです。

クレジットカードにはポイントサービスが付帯しているものが多いので、そこに着目して選ぶのもいい方法です。

買い物をする時に使いやすいクレジットカードであることも大事ですが、ポイントの貯まり具合や、使い方なども、結構重要な部分です。

ポイントが貯まると、商品券や航空券に交換できたり、電子マネーにチャージできるといった特典があります。

ポイントを使って、商業施設でお得な買い物ができるという使い方ができたりもします。

クレジットカードのポイントをスムーズにためるには、公共料金の支払いや、社会保険料の支払いにカードを使うという方法があります。

携帯電話やネット回線のプロバイダ料金の支払いをクレジットカードにすると、ポイントが2倍に特典がるクレジットカード会社もあります。

携帯器機の利用頻度が多いという人は、クレジットカードを選ぶ時にそういうカードを選択するのもいいでしょう。

様々なクレジットカードの利用特典がありますが、特典内容がそこそこで、かつ、年会費が一切発生しないという、お得なクレジットカードもあります。

年会費が有料のクレジットカードでは、まったく利用しなくても年会費だけ支払わなければならない場合もあるので、カードを持っているだけで損をしてしまいます。

クレジットカードの特典サービスは多種多様で、カードごとに特徴的な違いがありますので、事前によく情報をチェックしておくことが重要になります。



スポンサーリンク

年会費有料と無料のクレジットカードのポイント

ポイントサービスつきのクレジットカードでは、ポイントの貯まり具合が大事です。

クレジットカードには、カードを使って買い物をするとポイントが入り、そのポイントを景品や、サービスに使えるというものがあります。

ポイントの入る割合はカード会社によって大きく異なりますが、年会費が有料か、無料かでも違います。

年会費が無料のクレジットカードは、還元率がだいたい0.5%~2%ほどですが、年会費が有料のものは、還元率は1%~5%となっています。

ポイントが貯まりやすさだけを見ると、だんぜん年会費が有料のクレジットカードの方に魅力があります。

とはいえ、滅多に使わないクレジットカードに対し年会費を払っていないと、買い物にも使わず、年会費だけを請求されて、とても損な話です。

クレジットカードの年会費はカード会社によって色々ですが、年会費は1000~10万円以上と、とても幅があるようです。

ハイランクのクレジットカードを所持していると、ポイントがどんどん入るだけでなく、お得な情報も得られるようになります。

大まかに考えて、1カ月につきクレジットカードで5000以下の買い物しかしないなら、年会費は不要です。

月にどれくらいのクレジットカードを利用するかを確認して、よりお得にポイントが貯まる方を選ぶようにしましょう。

最近では無料でも還元率が高いことで人気のクレジットカードも数多く存在しています。

クレジットカードの決済額に応じてポイントトが入る仕組みなら、年会費とのバランスを考えて、結果的には得なのか堂なのかをよく考えることです。

クレジットカードで効率良く貯まるポイントとは

クレジットカードを上手に用いることで、より効率良くポイントが貯まるようになります。

効果的にクレジットカードのポイントをためることができるといっても、1つのカードに限定した話ではありません。

クレジットカードを使って買い物をするタイミングや、使い方によって、ポイントの蓄積度合いは、結構違います。

そのため、クレジットカードを選択する時には、自分の使い方でポイントが入りやすそうなものを選ぶことです。

ポイントの貯まり具合は、その人その人のカード決済のスタイルに左右されますので、使いやすいカードには個人差があります。

日常的に利用する機会が多いドラッグストアやスーパーがある人は、それらの店舗のポイントが入りやすいクレジットカードを活用するといいでしょう。

コンビニが身近ななかったり、ドラッグストアをあまり利用しない人の場合は、クレジットカードを持っていてもなかなかポイントが貯まりません。

日頃の生活スタイルに合わせてクレジットカードを使えるほうが、効率的にポイントを蓄積することが可能です。

頑張ってクレジットカードを使ったとしても、日頃から自然な形でクレジットカードを利用できなければ、ポイントはそれほどたまりません。

もしも、人気の高いクレジットカードを使ったとしても、自分の使い方では今一つポイントが入らないということも珍しくありません。

大勢の人が熱心に使っている便利なクレジットカードだったとしても、最終的にそのクレジットカードにするかどうかは自分に合うかどうかです。

自分が普段クレジットカードを使う時に、どんな局面で使うことが多いのかを把握することが、ポイントの入りやすいクレジットカードを選ぶ時の鍵です。

-クレジットカード決済, 還元率
-,

執筆者:

関連記事

クレジットカードの年会費を比較する場合

お得な特典サービスや、優遇措置のついたクレジットカードをうたっている広告を目にする機会が多くなっています。 クレジットカードではなく、チャージ式のポイントカードを使う人が増えているなどの裏事情もありま …

年会費有料と無料のクレジットカードのポイントの違いについて

ポイントサービスつきのクレジットカードでは、ポイントの貯まり具合が大事ですクレジットカードには、カードを使って買い物をするとポイントが入り、そのポイントを景品や、サービスに使えるというものがあります。 …

no image

自動車の税金はクレジットカードによる納付が可能

クレジットカードの中には、使えば使うほど、お得なポイントがもらえるタイプがあります。 クレジットカードは近年ますます使いやすくなっており、ちょっとした買い物にも使えるようになりました。 クレジットカー …

クレジットカードのローン金利と手数料について

不足の自体で手持ちの現金が不足している場合でも、クレジットカードが一枚あれば、その場を切り抜けることは可能です。 キャッシング枠がついているクレジットカードなら、消費者金融会社のキャッシングと同じよう …

自動車の税金はクレジットカードによる納付が可能

クレジットカードの中には、使えば使うほど、お得なポイントがもらえるタイプがあります。 クレジットカードは近年ますます使いやすくなっており、ちょっとした買い物にも使えるようになりました。 クレジットカー …

TOP