スポンサーリンク

クレジットカードの審査

クレジットカードの審査に落ちる理由とは

投稿日: 執筆者:tmmaster096

Pocket

クレジットカードの審査を通過しないことは滅多にありませんが、全くない話ではありません。

まずは、申し込み用紙に不備なく正しく記入することです。名前、住所、年齢、電話番号などは正しく書くようにしましょう。

申込みをした人の収入がどれ位あるのかは重要な審査ポイントなので、勤務先の情報は必ず記入するようになっています。

クレジットカードの審査に落ちる可能性のひとつとして、勤務先に対して在籍の確認が取れなかった場合が考えられます。

多くのクレジットカード会社は、審査の時に勤務先の企業に電話をして、間違いなく申し込み者がその会社で働いていることを確かめます。

もし勤務先で実際に勤めているという在籍確認が取れない場合は、その時点でクレジットカードの審査に落ちることになるわけです。

書類に書かれている通りの収入があるかどうかは、本当のその会社で働いているか確認できるかにかかっています。

クレジットカードの審査では、収入が低いことは評価にとってはよくありませんが、それ以前に申告内容に虚偽があったら問題としては深刻です。

クレジットカードの申込み時には、実際とはあまりにもかけ離れた情報を記入することはおすすめできません。

そのほかにも、クレジットカードの審査に落ちる理由としてあげられるのが、ほかの金融会社からたくさん借り入れをしていたり、返済が滞っている場合なども考えられます。

貸したお金をきちんと返済してくれる人物かどうかは、収入を始めとして、持ち家の有無や家族構成なども見た上で判断されます。

ほかの金融会社からの借り入れが多額にある場合は、返済能力が少ないと判断されて、審査に落ちることになるのです。


スポンサーリンク

クレジットカードの審査の基準について

クレジットカードは、正社員として働いている人だけでなく、アルバイトやパートの人でも審査に通ると言われています。

クレジットカードの申し込み手続きをした人の中には、正社員として仕事をしているのに、審査で断られる人もいます。

クレジットカードには段階があり、審査に通りやすい順番でノーマル、クラシック、ゴールド、プラチナです。クラシックのクレジットカードや、ノーマルのクレジットカードなら、正社員以外の人でも審査に通ることはありえます。

正社員として働いている人でも、クレジットカードの審査に落ちた人はどのような基準で落とされているのでしょうか。

安定した収入があるのにクレジットカードの審査で落とされたという人は、おそらくは個人信用情報に問題があるのだと思われます。

過去にクレジットカードやローンの返済で延滞を繰り返したことのある人は、クレジットカードの審査時には評価が悪くなります。

もしも、ローンやキャッシングなどの金融商品を利用して、返済ができなくなったことがあると、審査ではマイナス評価になります。

年収が高くても、毎月コンスタントに収入を得られていても、支払いを遅らせたことがあると、信用のない人と見なすわけです。

高収入だけど返済を期日通りにしない人と、低収入だけど今まで返済を遅らせたことがない人は、前者のほうが信用のない人と判断されるわけです。経済的な信用があっても、人間的な信用がない人は断られる可能性が高いです。

個人信用情報に記載された延滞記録や事故情報は一定の期間が経過すれば消えるので、年月が経過していればクレジットカードの審査に影響しないこともあります。

クレジットカードの審査に通るために工夫すべき方法

クレジットカードの審査は、初めて金融機関の融資を受ける時には、必ず通らなければならないステップです。

具体的にどんな項目を審査で評価するかは、各金融機関ごとに異なっており、確実な成功方法は存在しません。

大まかになら、クレジットカードの審査がうまくいくために心がけたいことがあります。

クレジットカード会社の審査に通りやすい方法としては、まず金融機関から求められるすべての情報に記入することが挙げられます。

金融機関では申込みした人の情報は、少しでも多くの情報を入手した方が、より詳しく評価できるようになるからです。

また、クレジットカードの申し込み時に書く書類の内容には、差し障りのない範囲で少し多めに書くこともテクニックの一つです。

実際の数字と大幅に違っていると問題になりますが、解釈の違いで済む程度ならば、多くしておいてもいいでしょう。

年収280万円だったら、300万円という書き方をするとか、4年8カ月の勤続年数を5年と書くといったやり方です。

ウソを書けば問題になりますが、事実を好意的に解釈したという程度なら、審査にプラスになることがあります。

クレジットカードの申込みをする時に記入する情報としては、多少の加味をすることは、審査上は特に問題がないようです。

しかし、数値が現実とは大きくかけ離れてしてしまうと逆効果となるため、注意をする必要が出てきます。

銀行系のクレジットカードを申し込むというような場合は、給与引き落としに使っている銀行に申し込むと、審査はうまくいきやすいようです。

-クレジットカードの審査
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

クレジットカードのブラックリストの情報について

クレジットカードは、滞りなく支払いができていれば便利なカードのままですが、返済が大幅に遅れるとその記録が残されます。 返済不能に陥ったり、何ヶ月も滞納したりといった状態になった人は、ブラックリストに名 …

クレジットカードのカードローン審査について

ショッピングだけでなく、ローンカードとしても利用できるクレジットカードを発行している金融会社が、最近は増えています。 クレジットカードのローン枠は、ショッピング用の枠とは別に設定されています。 ローン …

確実に即日融資を利用する方法とは

申し込み後数分から数時間で審査の結果が出て、すぐにお金が受け取れることがカードローンの魅力です。 できるだけ早くお金を用立てたいという時は、消費者金融機関が扱うキャッシングの申込みをするといいでしょう …

no image

クレジットカードの審査に通るために工夫すべき方法

クレジットカードの審査は、初めて金融機関の融資を受ける時には、必ず通らなければならないステップです。 具体的にどんな項目を審査で評価するかは、各金融機関ごとに異なっており、確実な成功方法は存在しません …

クレジットカードの還元率の計算方法は

ポイントサービスが付帯されているクレジットカードを、好んで使っている人は大勢います。 多くのクレジットカード会社がポイントサービスを展開していますが、ポイントの割合や、使い道が色々あるため、一概に比較 …

TOP